So-net無料ブログ作成

心をとらえる生々しい言葉 [講師のひとり言]

本日もご訪問いただきありがとうございます。

大阪話し方&コミュニケーションスクールの大廻です。

気がつけば、8月の更新から約一ヶ月も経過しておりました[あせあせ(飛び散る汗)]
バタバタと忙しいことを理由に、ブログの更新をさぼってしまうのが
私の悪い癖です。


P1100688_TP_V.jpg


いい事を書かなきゃ!とか立派な事を書かなきゃ!とか
読み手がなるほど!と納得する事を書かなきゃとか・・・
どこかで肩に力が入りすぎて、本来書きたいことを見失っていたのかもしれません。
ブログは、当スクールを出来るだけたくさんの人に知っていただく為のツールであって
それ以上でもそれ以下でもないはずなのに・・・


普段、私は受講生の方々にこんな偉そうな事言ってます。
「かっこ良く話そうとか、面白いことを話そうとか、肩に力が入りすぎですよ~」

恥ずかしながら、これまさに今の私ですよね。
穴があったら入りたい気分、いや自分で掘ってでも入ってしまいたい気分です[ふらふら]

今後はブログの更新を、多忙な中にも習慣づけていこうと思います。


閑話休題。

当教室に通ってくださっている受講生さんの中で、いつも私の心に届くスピーチを
毎回してくださる方がいらっしゃいます。
さきほども少し触れましたが、変に力むこともなく
難しい言葉は一切使わず、常に自分自身の言葉でその時々の思いを語ってくださいます。
なので、どなたが聞いても判りやすく、スルスルと耳に入ってきます。
しかしスルスルと入ってくるだけではなく、心にとどまっているのです。

話し方は決して饒舌とは言えないのに、毎回、彼の質感のある言葉は
私の心に残っているのです。
ご本人は、きっと気づいてらっしゃらないかもしれません。

なぜこうも私は彼のスピーチが好きなんだろうか?
いろいろ考えてみました。

それは、事実の羅列だけを伝えるのではなく、その時どういう感情を持ったのかを
とても正直に判りやすく描写している。

そして謙虚さが見え隠れしているかと思えば
時々パンチの効いた生々しい言葉を投げかけてくれる。

きっとそれがまっすぐに私の心に響いてくるのかなと思います。

当教室には、彼以外にも
自分の言葉でユニークな持論を、おもしろおかしくお話してくれる女性達も
たくさんいらっしゃいます。

まさしく多世代・異業種交流の場ともいえます。

講師でありながら、わたくしは毎回受講生のユニークなお話に
触発され刺激を頂き、共に成長させていただいているのです。

ご興味のある方はぜひぜひ、いちど足を運んでみてください♪





nice!(0)  コメント(0)