So-net無料ブログ作成

スピーチにおける『抜け感』を考える [講師のひとり言]

本日もご訪問頂きありがとうございます。

大阪話し方&コミュニケーションスクールの大廻です。


当スクールでは、毎回受講生の皆さんにスピーチをして頂きます。

ただし、その中に流暢な話し方や饒舌さはさほど求めておりません。

求めているのは、ご自身の正直な思いであったり、聴き手に伝えようとする誠実な思いです。


来られている受講生さんの中には、たどたどしくても

思いを一生懸命伝えようとする方もいらっしゃいますし、

かと思えば一見上手そうに聞こえるのに、

何故か心に響かないスピーチをされる方もいらっしゃいます。

上手に話そうとする意識が強すぎて、余裕がなく必死すぎて

聴いてるほうが疲れるパターンもあります。


最近のファッション用語で目にする「抜け感」をご存知でしょうか?

完璧ではないが、どこか隙があるファッション。それがかえって自然でおしゃれに見える。

021.JPG
隙だらけの寝姿ですいません[ふらふら]

実はスピーチにおいても、この「抜け感」が必要だと私は思ってます。

普段の生活の中で、ふと感じた事をありのままに自然体で話す人のスピーチは

とても心地よく思わず笑みがこぼれて、幸せな気分になるのです。

たとえそれが流暢なスピーチでなくても、聴き手の心に必ず届きます。


このような方の特徴は、ズバリ心に余裕のある人!

そして、人と自分を決して比べることなく自分に自信のある方。

人間関係においても雑に人と接することなく、それでいて人との距離感を

バランス良く取れる人。


話し方やスピーチは、テクニックだけで上手くなろうとするには限界があります。

結局のところ、求められるのは『人間力』そのものなのではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0) 

粉もんパーティ大盛況でした♪ [イベント]

本日もご訪問頂き、誠にありがとうございます。
大阪話し方&コミュニケーションスクールの大廻です。

この度九州北部での豪雨災害により、甚大な被害を受けられた皆さまに対して
心よりお見舞い申し上げます。


関西では梅雨とは思えない真夏日が続いております。
くれぐれも熱中症には気をつけてくださいませ。


illust4542.png

さて、そんな暑~い昨日。

当スクールの7月のイベント「粉もんパーティ」を教室にて開催致しました。

たくさんの受講生の方々にご参加頂き、この場をお借りしてお礼を申し上げます。


今回のイベント主旨は、ただ単にお好み焼き・たこ焼きを焼いて

ワイワイ飲んだり食べたりするだけではありません。

4人一組のチームに分かれ、それぞれ自慢の創作お好み焼きを

プレゼンテーションして頂くことが目的です。


材料の買い出しはもちろん、下準備、調理まで4人で協力しながら

どのチームよりも美味しいお好み焼きを作ることを目指していただきました。


IMG_3772.JPG

AからCチームまで、それぞれ個性豊かなお好み焼きプレゼンテーションの始まりです(笑)


IMG_3779.JPG


IMG_3783.JPG


IMG_3782.JPG


IMG_3784.JPG


普段のレッスンでは見れない顔も垣間見れ、より一層信頼関係を深めて頂けたと自負しております。

肝心のお味ですが、奇妙なトッピングを使った奇妙な味?のお好み焼きがあったり[わーい(嬉しい顔)]

これは中々美味しいと感激する味があったり、こういうお好み焼きもアリだと

納得させられる味があったり、チーム色が見事に反映した結果となりました。



IMG_3795.JPG


しかし、なんといっても一番美味しかったのは

私特製の大タコ入りたこ焼きだったのではないでしょうか(自画自賛)


それでも、みんなで協力しながら作ったお好み焼きは格別の味!

楽しい宴は延々と続きました~♪

IMG_3797.JPG


しばらくの間、教室内はお好み焼き臭が充満しそうです[ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(0)  コメント(0)