So-net無料ブログ作成

もっと笑おう♪ [講師のひとり言]

本日もご訪問頂きありがとうございます。

大阪話し方&コミュニケーションスクールの大廻りです。

s9.jpg



気がつけば、もうすぐお盆です。
まだまだ暑い日が続きますが、暑さに負けず
この夏を乗り切りましょう[パンチ]

さて、本日のお題は「もっと笑おう」ということですが
くそ暑い毎日、そう毎日笑えるかいな!なんて声が聞こえてきそうですが(笑)

ロビン・シャーマという方の「3週間続ければ一生が変わる」という著書の中で書かれていたことをご紹介します。

ある調査によれば、平均的な4歳児は一日に300回笑うのに対し
平均的な大人は一日に15回ほどしか笑わないそうです。
日々のいろいろな義務やストレスのせいで、笑い方を忘れてしまいましたと・・・

gf01a201312300500.jpg

コメディアンのスティーブ・マーティンは毎朝5分、鏡の前で笑って全身に創造力をみなぎらせ
いい気分で一日をスタートさせているそうです。
「笑い療法」は病気の治療や重病の人々を癒すときに利用されています。

現代心理学の父であるウィリアム・ジェイムズは、こう言ってます。
「私たちは幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」 以上著書から引用。


わたくしの教室に通ってくださっている受講生の方々にも言えることですが
やはり笑顔が少ないように思います。
口は笑っているように見えても、目が笑っていなかったり
中には笑ったら損でもするかのように、笑わない人もいます[ふらふら]

きっと笑うことが習慣づけられていないのかもしれません。

先ほどの本の中にも書かれていますが、

「新しい習慣は新しい靴に似ている。
最初の履き心地は良くないが、3週間ぐらい経つと
履きなれてきて、第二の皮膚のようになれるでしょう」


そこで素敵な笑顔を作る、とっておきの方法をネットで見つけました[わーい(嬉しい顔)]

日本人が写真を撮るときに「チーズ」って言いますよね。
しかしチーズと言っても口角が横に引っ張られるだけで
口角自体は上がっていないそうです。
しかもへたをすれば、「い~」と無理に笑顔を作った硬い表情になってしまいます。
やってみてくださったら、なるほどです!

そこで効果的な言葉が「ウィスキー」
「ウィ」と言うと、確実に口角が上がります。
実際に鏡の前で「ウィ」と言ってみると、よ~く判ります。
「チーズ」より断然に口角が上がって、しかも自然な笑顔が作れます。

しかし、残念ながら日本語の中で「ウィ」と発音する言葉がないそうです。
フランス語には「ウィ」=YESがありますので、
フランス人は自然と笑顔のトレーニングが出来ているというわけです。


DSC_5582.JPG


毎朝5分、いや3分でもいいので
鏡の前で「ウィスキー」と言って、笑顔のトレーニングしてみてはいかがでしょうか[るんるん]


そして、一日最低50回は笑うよう心がけてみると、
きっと毎日が輝いてくること間違いなしです[ぴかぴか(新しい)]




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント